マンションは自分たちが住むために購入したり賃貸したりするという方がほとんどではあるかと思いますが、最近ではマンションを購入し、それを賃貸に出すというマンション経営を考える方も増えてきました。このマンション経営については玉置勝氏が分かりやすく情報を提供しているサイトがありますのでそちらをご覧ください。
http://www.ingvin.com/tamaki-masaru/

 

マンションの経営をすることになったとき、私的年金としても活用することができます。最近では年金について問題視されており、今納めている年金が本当に将来自分たちの手元に残るのか、ということを心配している方も多いのではないかと思います。

 

私も約10年もすれば退職になり、その後年金での生活を送ることとなっていきますが、果たして本当に年金だけで暮らせるのかというのは心配になります。

 

実際データとしては、2025年になると2人に1人が65歳以上の高齢者となるというような予測も立てられており、ますます年金に関する問題というのは悪化していくものと推測されます。

 

そういった方々に、マンション年金というものを活用することをおすすめします。

 

マンションによる年金のメリットとして挙げられるのはまず、賃料の収入をローンの返済に当てることができるという点です。マンションを購入するとなると、どうしても高額になってしまうというイメージがあります。

 

しかし、住宅ローンを使用して少ない資金からマンション経営を行うということも可能なのです。マンション経営をするためにまずマンションをローンにて購入し、そのローンは賃貸収入を得ながら返済していきます。

 

そうして全てのローンが支払い終わると、賃料収入がそのまま全て自分の手元に残ることになります。もちろん賃料収入を得たいのであればある程度条件のいい立地を探してそこを購入するなどのことは考えなければなりませんが、こうすることによって、安定した収入を老後も得ることが可能となっていくのです。

 

年金が受け取れるかわからないという境地に陥っている現代の状況を踏まえ、早めにマンション経営を行っていくことを検討するといいかと思います。