退職金は老後の蓄えとしても大切ですし、定年後の人生設計としても非常に重要なお金ですよね。その為多くの方が定年まで頑張って働くのであるし、それを期待して体に鞭打って仕事に励んでいるのだと思います。私もその一人で、今勤めている不動産会社を定年になった後は退職金を使って妻と二人で小さな喫茶店でもやろうかという話をしています。

ささやかな夢ではあるのですが、その為に今は頑張って働いていると言っても過言ではありません。ただこの退職金については少なからずトラブルもあるようですね。

私の勤めている不動産会社の話ではないのですが、そういったトラブルの話などを時々耳にする事があるので、そういう話を聞くと少し不安になってきます。

退職金を巡るトラブルで最も多いのが、退職金の不払いだそうです。元々退職金の制度を設けており、今までの退職者にはきちんと支払っていたのに業績の悪化などに伴い突然退職金が出なくなったというケースや、退職間際になって退職金が支払えなくなったというようなケースもあるようです。

これでは正直お先真っ暗ですよね。それまでその退職金を目当てに働いてきた人などにとっては正に目の前が真っ暗になるほどのショックではないかと思います。こうしたトラブルは実際に起こっているようで、時には新聞沙汰になったりするケースもあります。こうした場合そのまま泣き寝入りしてしまうケースや、裁判になるケースもあるようです。注意しなければなりませんね。